トップページ  /  お店紹介
 飛行機入門セット 烈風(れっぷう)は、昭和17年4月に「零式艦上戦闘機」の後継艦上戦闘機として日本海軍が三菱に試作を命じた艦上戦闘機。試作のみで実戦未参加であるにも関わらず、開発主務者が「零戦」や「雷電」と同じ堀越二郎技師であること、開発開始時から終戦までに多くのエピソードを持つこと、大型ながら全体を流線型で纏めた機体形状に「零戦」の影響が感じ取れること、さらに日本海軍最後の艦上戦闘機であること等から、巷間比較的人気の高い機体である。しかし、それまでの戦闘機と比較して機体が大型であることや運動性を重視した設計であること、開発の遅れから実戦に間に合わず、戦局に全く影響を与えられなかったため評価の分かれる機体でもある。連合国側のコードネームは「Sam」。
艦上戦闘機
烈風
 電動飛行機
 エンジン飛行機
 ヘリ入門セット SH-60Kは、シコルスキー・エアクラフト社製の哨戒ヘリコプターであるSH-60Jをベースにして、三菱重工業と防衛庁で独自に改造開発を行い、哨戒能力を大幅に向上させた哨戒ヘリコプターである。2005年(平成17)から日本の海上自衛隊に配備されている。
哨戒ヘリ
SH-60KII
 電動ヘリ
 エンジンヘリ
 鉄道入門セット JR貨物
DF200形
ディーゼル
機関車
 鉄道模型
DF200形ディーゼル機関車とは、日本貨物鉄道(JR貨物)が1992年(平成4年)から製作する電気式ディーゼル機関車である。幹線における電化区間の割合が低い北海道における貨物輸送は長い間DD51形が主力であったが、輸送量増大及び貨物列車の高速化により、出力不足に伴う重連運転・北海道の厳しい気候風土による車両の老朽化が表面化してきた。そこでDD51形の重連運転解消と老朽置換えを目的として1992年に開発されたのが本形式である。
 アクセサリ
プロポセット
受信機・サーボセット
受信機
サーボ
ジャイロ
送受信機バッテリー
その他
 エンジン
 電動関係
 燃料

 はじめてのトレーナー教習
 はじめての電動飛行機
 はじめてのエンジン飛行機
 はじめての電動ヘリ
 はじめてのXRB 
 はじめてのエンジンヘリ
 はじめての鉄道模型
 スマモン日記
 ゆかいな仲間たち
 サイトマップ
 リンク
アクセサリ
プロポセット 双葉
JR
受信機・サーボセット 双葉RSセット
JRエアーボーンセット
受信機 双葉
JR
GWS
サーボ 双葉
JR
GWS
WAY POINT
ジャイロ 双葉
JR
アライン
送受信機バッテリー 双葉受信機
双葉送信機
JR受信機
JR送信機
その他 シミュレーター
便利グッズ 機体スタンド