トップページ  /  お店紹介
 飛行機入門セット A-10はベトナム戦争の教訓を元にアメリカ空軍が立案した新攻撃機A-X計画により、フェアチャイルドが開発した近接航空支援(CAS)に特化した攻撃機。愛称はサンダーボルトII(Thunderbolt II)。初飛行は1972年。今までの飛行機とは違いかなり奇抜な格好をしており、付いた別名がウォートホッグ(イボイノシシ)。
A-10
サンダーボルトII
 電動飛行機
 エンジン飛行機
 ヘリ入門セット フランス・ユーロコプター社が開発した双発ヘリコプター、ドーファン。
警察ヘリ
AS365
 電動ヘリ
 エンジンヘリ
 鉄道入門セット 国鉄
717系電車
 鉄道模型
国鉄717系電車は、日本国有鉄道(国鉄)が設計した近郊形電車。いずれも老朽化・陳腐化した交流直流両用急行形電車451系・453系・471系・473系・475系・457系電車の電装品や冷房装置、台車などを再用して車体を新造したもので、このうち交直両用車が413系電車、交流専用車が717系電車である。
 アクセサリ
プロポセット
受信機・サーボセット
受信機
サーボ
ジャイロ
送受信機バッテリー
シミュレーター
 エンジン
 電動関係
 燃料

 はじめてのトレーナー教習
 はじめての電動飛行機
 はじめてのエンジン飛行機
 はじめての電動ヘリ
 はじめてのXRB 
 はじめてのエンジンヘリ
 はじめての鉄道模型
 スマモン日記
 ゆかいな仲間たち
 サイトマップ
 リンク
シミュレーター


世界最高峰のR/Cフライトシミュレーター
リアルフライトG5,5

双葉正規品(日本語説明書付)
35,700(34,000)→大特価33,900
主な作動環境
OS・・・WindowsXP/Vista/Windows7
CPU・・・Intel Pentium 2.0 GHz または、同等以上 
HDD容量・・・ 4GB以上の空き
メインメモリ・・・512MB(理想2,0G以上)
ビデオカード・・・ Direct X 9.0に100%互換グラフィックチップ(Pixel Shader ビデオカード3.0対応のドライバーが必要)及び最低512MB以上のビデオメモリーを搭載したグラフィックボードが必要です。(たとえばnVIDIA社GeForce GT5240以上、理想としてはGeForce GTX260など)
リアルフライトG5,5デモ版で
動作確認を行ってください。

【リアルフライトG5,5デモ版】
以前のコントローラーで操作でき、
水上機・90ヘリ・アクロ機等、結構遊べます。
リアルフライト
ペイントボール、リボン切り、ロケット弾、機関銃などのコンバットができます。
リアルフライト
インターネット接続すれば、マルチプレイヤーモードで他のリアルフライトのパイロットと一緒にフライトすることができます。
リアルフライトG4
エディターを使ってオンボードカメラを搭載することができます。コントローラでカメラのアングルを変えることもできます。
K&S
プロフライトⅡ
シミュレーター
13,440→特価12,090
《ハードウエアの特徴》
特別なドライバソフトを必要とせず、大変簡単にコンピュータへ接続可能です。
実際のラジコン飛行機/ヘリコプターと全く同じ操縦が出来るプロポが付属されています。
アダプタタイプですから、付属プロポ以外に、JR社、FUTABA社、SANWA社などのラジコンプロポメーカー製プロポに使用可能です。(※ 変換コード別売)
高性能ラジコンプロポを接続すると、エキスポネンシャルやキックダウンなど、そのプロポで設定した機能をシミュレータへ反映させることが出来ます。
アダプタ(プロポ)は、ジョイスティックコントローラとしてWindowsに認識されますので、付属のソフト以外に多くのソフトを操縦することが可能です。

《ソフトウエア(シミュレータ)の特徴》
ラジコン初心者は、ラジコンを壊すことなく練習できるので、非常に短期間で実際のラジコンを操縦することが出来るようになります。
当社のラジコンヘリコプターフライヤー・小林 稔が練習に使えるほどリアルな操縦感覚を味わえる優れたソフトです。
※ 小林 稔は、ラジコンヘリコプターの世界選手権、日本選手権で、常に上位に入賞するトップフライヤーです。
ラジコン初心者の場合、実際の操作に限りなく近い感覚で練習できるので、非常に短期間でラジコン操縦をマスターできます。シミュレータソフトは非常に多くのユーザーから支持されているFMS(Flying-Model-Simulator)というフリーソフトです。
ユーザーの手によって飛行させる機体が作成できますので、すでに多くのユーザーが飛行機やヘリコプターをWEBで公開しており、それを飛ばすことが出来ます。(1500機種以上)
飛ばす飛行場の風景も、ユーザが設計できます。 それも各ユーザーがWEBで公開しており、利用可能です。

メーカーサイトはこちら