OSD後編 設定方法(BRF3×MWOSD)

15-1

1、OSD前編 接続方法(BRF3×MWOSD)
2、OSD後編 設定方法(BRF3×MWOSD)
3、OSDおまけ編 ArduinoでMW OSDのVer.UP

BRF3でOSDを設定する方法(後編)

前編の接続方法ではソフトやドライバのインストールから接続までだったが、ここからは詳細な設定を変更していく。
まずはBRF3のデフォルト値。

17

各設定項目ごとに番号を付け、モニター画面に割り振り説明していく。

16

15-2各項目にあるスライドスイッチをON/OFFすれば右側のスクリーン上に表示されるので、直感的にわかりやすいかと思う。
▶マークは数値を入力する項目で、クリックしたまま上下にスライドすることで数値を変更できる。
好きな項目を設定し、④OSD CONTROLSのWRITEで設定を書き込める。

なお、販売中のBeeRotor UltraのFCであるBRF3にデフォルトとして設定されているファイルが以下のアドレスからDLできるので、元に戻したい場合は以下のファイルをDLし解凍すると「BRF3.osd」ファイルができるので、このファイルをDISK→LOADから読み込んでやれば元通りになる。
http://rctimer.com/download/BRF3.rar

1 PORT STATUS(ポート状態)
RXとTXの接続状態やCOMの設定値などが表示
2 DISK(ディスク)
SAVE 現在のデータをPCに名前を付けて保存
LODE PCに保存されたデータを読み込む
3 FONT TOOLS(フォント)
SELECT フォントを選択
UPLOAD フォントを追加
EDIT FONE フォントエディタで独自のマークを作成したりできる
4 OSD CONTROLS
READ OSDの現在の設定を読み込む
WRITE MWOSDの現在の設定をOSDに書き込む
DEFAULT OSDのデフォルト値を読み込む
RESTART 再スタート?
5 Main Voltage(主電源電圧)
■ Main Voltage 画面左下にBATと文字の入った電池マークと、現在の主電源電圧が表示
■ Ues FC main Voltage 「Main Voltage」の表示を、FCで測定された電圧に変更
▶ Voltage Adjust
▶ Battery Cell
▶ Voltage Alarm
6 Video Voltage(ビデオ電源電圧)
■ Display Video Voltage 画面左下にBATと文字の入った電池マークと、現在のビデオ電源電圧が表示
■ Ues FC main Voltage 「Display Video Voltage」の表示を、FCで測定された電圧に変更
▶ Voltage Adjust
7 Amperage(電流)
■ Display Amperage 画面中央下部にFCに流れる電流を表示
■ Display mAh 画面中央下部にmAhを表示?
■ Ues Viryual Sensor
■ Ues FC amperage
▶ Amps Adjust
▶ Zero Adjust
▶ x100 mAh Alam
▶ Amp Alarm
8 RSSI(電波強度)
■ Display RSSI 画面左下電波マークと電波強度を表示
■ Use FC RSSI 「Display RSSI」の表示を、FCで測定された電圧に変更
■ Use PWM RSSI 「Display RSSI」の表示を、PWMで測定された電圧に変更
▶ RSSI Min
▶ RSSI Max
▶ RSSI Alarm
9 Reference Voltage(基準電圧)
■ Enable ADC 5v ref
10 Call Sign(コールサイン)
■ DisplayCallsign 画面中央下部に、設定した文字を5秒おきに1秒表示
11 Other(その他)
■Metric■Imperial Units メートル・ヤードから単位を選択
■NTSC■PAL Video Signal ビデオの信号方式を選択
■ Display Throttle Position 画面右下にスロットルの状態を表示
■ Display Bettery Status
■ Reset Stats After Aem アーム時に設定をリセットする
12 Display(ディスプレイ)
■ Display Flight Mode 画面左上にフライトモードを表示
■ -FM sensors
■ Display Gimbal
■ Display Vario
■ Display BARO ALT 画面右に高度を表示(メートルかフィートはOtherで変更)
■ Display Timer 画面左下にタイマーを表示
13 HUD(ヘッドアップディスプレイ)
■ Display Horizon Bar 画面中央に地平線バーを表示
■ -HB Elevation
■ Display Side Bars 水平線バーにサイドバーを表示
■ -SB Scrolling サイドバーにスクロールを表示
■ -SB direction サイドバーに方向を表示
14 GPS Settings(GPS)
■ Display GPS 画面左上に測位個数、右上にDST、左中央にKM/hの表示
■ -GPS Coords 画面上にGPS座標を表示(10進法度形式)
■ -GPS Altitude DST表示の下にAltを表示
▶  -MAP mode
15 Compass(コンパス)
■ Display Compass 画面上にコンパスを表示
■ Display Heading 画面右上部に「度(°)」表示
■ -Heading 360 Display Heading表示を360度表示に変更
■ Display Angle to Home Display Heading下に「度(°)」表示
16 Time Settings(タイム)
■ Display GPS time 画面下にGPS情報による現在時刻を表示
▶  Time Zone offest タイムゾーンの設定(日本は+9?)
■ Time Zone +/-
17 Alaems(アラーム)
▶  x100 Distance alarm
▶  x10 Altitude alarm
▶  Speed alarm
▶  Timer Alarm
18 LINKS(リンク)
各種リンク先の設定
19 LAYOUT(レイアウト)
■ Using OSD_SW
▶  Not used
▶  HUD-Default
▶  HUD-OSD SW
▶  Not used
LAYOUT EDITOR 各表示の位置を任意に変更できます

SIMULATOR(シミュレーター)
20 FC SENSORS(FCセンサー)
21 SIMULATOR CONTROL(シミュレーター設定)
■ SIMULATOR on OSD
22 GPS(GPS)
■ GPS FLX
▶  SATS
▶  ALT-CM
▶  SPEED-CM/S
▶  DIST HOME-M
23 FRSKY
■ SIMULATOR FRSKY CELLS
24 RADIO
25 Debug
■ Debug 画面中央下にデバック情報を表示
26 ANGLE HEDING
27 MODES

工事中~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする