BRF3データ・設定(BeeRotor Ultra 130/210)

BeeRotor Ultra 130 FPV付フルセット 21,380円
BeeRotor Ultra 130 詳細&制作(前半)
BeeRotor Ultra 130 詳細&制作(後半)

BeeRotor Ultra 210 FPV付フルセット 32,000円
BeeRotor Ultra 210 制作(前半)
BeeRotor Ultra 210 制作(後半)

BRF3マニュアル

高度計が正常に表示されない(0表示のまま)場合
Cleanflightもしくは、SPRACINGF3のファームウェアでヴァージョンアップを行うと、高度計が正常に表示されない(0表示のまま)不具合が出ますので、以下のアドレスにあるBR用のファームウェアを使用してください。

BeeRotorF3ファームウェア firmware

OSDが正常に表示されない場合
購入時の状態では、OSD表示はガイドバーなどは表示されない設定になっていますが、表示設定にしてもうまく表示されず一部のデーターのみしか表示されない場合があります。
ドローンをバッテリーに接続し、画面に初めに表示されるOSDのヴァージョンを確認してください。
2017年3月頃のBRF3より、MWOSDが1.5から1.6に変更になっています。

・MWOSD1.5の場合
1.5を上書き、もしくは1.6にアップデートすることで修正されます。
Arduinoを使用したアップデート方法はこちら

・MWOSD1.6の場合
1.5にダウングレード、もしくは1.6を上書きすることで修正されます。

各ファームウェアをcleanflight(CF)とBetaFlight(BF)でフラッシュした結果

betaflight_3.0.0_SPRACINGF3.hex
# BetaFlight/SPRACINGF3 3.0.0 Sep 11 2016 / 00:42:59 (a21694b)
Baro表示せず、

betaflight_3.0.1_SPRACINGF3.hex
# BetaFlight/SPRACINGF3 3.0.1 Oct 18 2016 / 10:35:52 (48b7b4f)
Baro表示せず、

betaflight_3.0.1_SPRACINGF3EVO.hex
CF/BF起動せず

betaflight_3.1.6_BETAFLIGHTF3.hex
CFでフラッシュ→CF/BF起動せず
BFでフラッシュ→CF/BF起動せず

betaflight_3.1.6_SPRACINGF3.hex
# Betaflight / SPRACINGF3 3.1.6 Feb 21 2017 / 14:44:08 (1fd502c)
Baro表示せず、

betaflight_BEEROTORF3-2.2.0.hex
# BetaFlight/BEEROTORF3 2.2.0 Jan 12 2016 / 23:41:48 (a63a792)
Baro正常表示

cleanflight_1.12.0-RC1_SPRACINGF3.hex
# Cleanflight/SPRACINGF3 1.12.0 Feb  3 2016 / 09:21:58 (aef3b96)
Baro表示せず、

cleanflight_BEEROTORF3-1.11.0.hex
# Cleanflight/BEEROTORF3 1.11.0 Dec 24 2015 / 21:15:17 (e17e755)
Baro表示せず、

cleanflight_BEEROTORF3-1.11.0-bmp180.hex
# Cleanflight/BEEROTORF3 1.11.0 Jan 13 2016 / 23:32:14 (e17e755)
Baro表示せず、

cleanflight_BEEROTORF3-1.11.0-bmp180-and-bmp280.hex
# Cleanflight/BEEROTORF3 1.11.0 Jan 13 2016 / 23:28:25 (e17e755)
Baro正常表示、

cleanflight_BEEROTORF3-1.11.0-bmp280.hex
# Cleanflight/BEEROTORF3 1.11.0 Jan 13 2016 / 23:34:22 (e17e755)
Baro正常表示、

cleanflight_BEEROTORF3-1.11.0-no-beeper.hex
# Cleanflight/BEEROTORF3 1.11.0 Dec 24 2015 / 21:19:00 (e17e755)
Baro表示せず、


Cleanflight2.X.Xになってつながらない場合

BRF3のファームウェアバージョンが低く(1.X.X以下)、Cleanflightが最新版の場合、コネクトでWarningが出て接続できない場合があります。

The firmware on this device upgrading to a newer version.Use CLI for backup before flashing.CLI buckup/restore procedure is in the documention.Alternatively download and use an old version of the configurator if you are not ready to upgrade.
(このデバイスのファームウェアが新しいバージョンにアップグレードしています。フラッシュする前にCLIを使用してバックアップしてください。CLIのバックアップ/リストア手順はドキュメントにあります。または、アップグレードする準備ができていない場合は、古いバージョンのコンフィギュレータをダウンロードして使用してください。)

要はCleanflightが新しくなったので、BRF3のファームウェアも新しく更新してね。
更新しない場合は、古いCleanflightを使用してね。

って内容です。

ネット上を探してみたけど、CleanflightのBEF3用ファームウェアは見当たらず、古いのを入れても当然接続できない。
とりあえず以下のBetaflightのBRF3用ファームウェアなら動作確認できていますので、こちらで更新してください。

betaflight_BEEROTORF3-2.2.0.hex

BetaflightのへファームウェアはCleanflight上からでも可能です。
設定などはBetaflightをGoogl Chromeに追加して行います。
以下のアドレスをGoogl Chromeのアドレスバーに張り付けて、アプリを追加してください。
https://chrome.google.com/webstore/detail/betaflight-configurator/kdaghagfopacdngbohiknlhcocjccjao?hl=ja

古いCleanflightを使えと言われているが、最新になったCleanflightを古くする方法が分からず、ネット徘徊中です。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする